所沢市、狭山市、入間市で長引く腰痛にお困りなら「腰痛・ヘルニア専門 西所沢駅前接骨院」

坐骨神経痛

坐骨神経痛

お尻から太ももの裏にかけて、もしくはお尻から外側のももだったり足先の方まで放散してくるしびれや痛み、筋肉の引き連れ症状全般を指して「坐骨神経痛」と呼ぶのが一般的となっています。

長時間にわたる偏り姿勢や、長い時間のデスクワークの人に多く発生しやすいようです。座った時に足を組んでしまう。床に横座りをしてしまう。あぐらが多いなど不良姿勢と呼ばれる時間が長い程発症する傾向にあると言えます。

坐骨神経痛の程度も様々で激痛で歩行も困難なものから一定の動きに伴って症状を感じたりするようですがそれらの多くはお風呂で温まったり、ストレッチ体操を行うことで坐骨神経痛が和らいでくるようです。

中には何をしていても痛い立っているのも座っているのも辛くてしょうがないなんて場合もございます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional